9/16-17 ツーリング記録 9/17編

お待ちかね(ではないかw)の9/17編です。

朝6時過ぎに起床し、雨は降っていないものの、周囲の状況で深夜にスコールがあったことは容易にわかる。
散歩がてらキャンプ場の広い敷地内を散策。
施設も清潔で場内も整備されたきれいなキャンプ場ですな~。


そうこうしているうちに晴れ間が出てきました。
R0011309.jpg

7時過ぎにはパッキングを終え、出発準備完了。ファミレスに行って朝飯を食べます。
R0011313.jpg

今日のルートは群馬をパスして長野に向かいます。
途中東照宮があるので軽く散策。
東照宮には8時くらいに到着したので、土産物屋もまだ開店していませんし、人もまばら。
R0011317.jpg
R0011321.jpg
R0011323.jpg

ここからはロマンチック街道を通り、群馬を抜け長野まで一気に走ります。
混雑の予想される草津周辺は回避し、万座ハイウェイ→上信スカイライン→毛無峠へ。
目的地である小串鉱山跡に到着するが、ものすごい強風と霧
R0011328.jpg
小串鉱山跡のあの映画のセットのような独特な風景を楽しみたかったのですが、それどころではない。
仕方ない・・・引き返すかと。
風向きに対して横に向いたところで突風に煽られ転倒^^;
立ちゴケならぬ、風ゴケだ^^;

下から吹き上がってくるような強風で、
気が付いたら左肩とヘルメットの左側面を地面に打っていた。
何故か、右足の靴が脱げてしまい、
転倒した瞬間に勢いよく風で転がされる自分の靴が視界に入った。
崖に落ちる前に慌てて靴を回収したところで仲間が助けに来た^^;

左肩に擦り傷、ヘルメットのバイザーが破損した程度で済んだのが幸いだった。
スキーで転んだくらいのダメージなので全く無問題。
その後はどっと疲れがでて、高速道路で帰路に就いたのだった・・・

9/16-17 ツーリング記録 9/16編

今回のツーリングは栃木の日光にキャンプ泊するという企画
新潟から日光は直線距離では大したことはないけど、通常はかなり大回りをしなきゃ行けない
ヤロウ4人だし、酷道&林道を駆使してショートカットしようぜ!とお昼頃出発

まずは六十里越を走って南会津へ
六十里越は相変わらずタイトなクネクネ道だけど路面は以前より整備されていた
信号がほとんどなく、クルマも少ない南会津の道路はまさに快走路だね

最初の林道は七ヶ岳林道
はじめて走る林道なんだけど、深い砂利と重い荷物、今シーズン初めての林道走行ということで悪戦苦闘
何度かコースアウトしてヒヤリハット
景観も良くないし、走りにくいし好みの林道ではないな~


次は田代山林道へ。
ここは景観もいいし、走りやすいから好き。思わずイイね!(笑
紅葉の時期にまた来たい
R0011291_20120917205049.jpg

田代山林道の途中から栃木県に入ります
R0011292_20120917205048.jpg

林道も終盤、あと少しというところで崩落による通行止め
分岐する馬坂林道→帝釈山林道を使ったが、予定よりかなり西側に出た
霧降高原道路に入ったころには薄暗くなり、霧雨が降ったり止んだりの状態

キャンプ場の受付に到着した頃にはすっかり陽が落ちた
R0011297.jpg

キャンプ場の管理人に案内されたサイトにテントを設営
天候が怪しいという予報だったので、普段は使わない小型のヘキサターフを使用
今のところ天気は何とかもっているが、湿度が異常に高いから突然降ってくるかもしれん・・・
R0011299.jpg

林道走行での砂埃&汗をさっさと流したいので、バイクで15分ほどの温泉に行き、
帰りにスーパーで食材&酒を調達

料理ができるまで、枝豆を茹でながら(というか解凍w)乾杯!
うちらの場合、炭でBBQというよりガスツールで一気に仕上げるパターンが多い
乾杯したのは21時過ぎだし、みんな腹ペコだしね
R0011302.jpg

すき焼き鍋を囲むヤロウ4人、家庭も仕事も忘れてただのバカヤロウに戻る至福の瞬間ですw
酔っぱらってボケボケの図
R0011306.jpg

23時には疲労と酔いでハンパない眠気に襲われテントの中に入った
深夜にスコールがあったのをかすかに覚えているが、そのまま朝まで爆睡
1人はテントに浸水して眠るどころではなかったらしい(笑

9/17編に続く・・・
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。