バイク屋に駆け込んでみた

先日のフロントに続いてリアもやってみます
リアの幅は130mmなのでシロート目にもフロントより難儀なことは容易に想像できます。

フロントの数倍は力を使いますな
それでも手で探ったり、目視したりしながらタイヤレバーでチューブを噛まないようやりました
SANY3648.jpg
ある程度リムにはめていくとスペース的にチューブの確認は困難
そして、ここ数年こんなに力入れたことねーよってくらいに力一杯レバーを握った
SANY3649.jpg
何とか組み込んで空気圧を入れます
ビートが上がってきませんし、ポンプの目盛もすぐにゼロになっちゃいますが・・・
SANY3651.jpg

どうやらタイヤレバーでチューブを噛んで穴が開いたようです
またタイヤを外して新品チューブを買ってきて再びトライする気力も体力もありません

当然このままバイク屋に駆け込みます^^
バイク屋では新品チューブ代+チューブ交換工賃¥1700だそうです
でもタイヤレバーによる手の痛みや得も言われぬ虚脱感はプライスレス(泣

改めて画像で確認すると、最初にチューブのバルブ付近をはめ込んでおけば良かったかも
今回は最後のもっとも力を必要とする部分がチューブバルブ付近だったからなぁ
バルブがある関係上、チューブの張り出しの大きい部分だから噛みやすいし、
バルブの仮固定ももっと遊びを持たせておけばリムとのスペースができて良かったのかも。

ちなみにフロントは一晩経っていますが、空気圧は落ちていませんでした

よきアドバイスをいただくため、久々にコメント機能復活^^
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。