DR-Zにnuvi250Plus

DR-Zにnuvi250Plusを取り付けました。
RAMマウントでの固定も考えましたが、DR-Zは風防効果がなく
雨の他にも埃や排ガスなんかもダイレクト当たるのでデグナーのナビタンクバッグに格納。
このバッグはタンクとトップブリッジに取り付け可能です。

ナビ用のタンクバッグなので磁石ではなく吸盤でタンクにくっ付けるんですが。
SANY2323.jpg
しっかりと付いてはいますがチト不安。
それに目線の移動も大きくなっちゃいます。
SANY2324.jpg
というわけで少しメーターの操作がやりにくくなりますが
トップブリッジにタイラップで固定。
このままタッチパネルの操作もできます。
SANY2326.jpg
バッグはクッション材とレインカバーが付属してました。
結構厚みのあるクッション材なので私が走るようなフラットダートくらいは大丈夫そうです。
電源はテールランプから分岐させましたが
エンジンを切るたびにナビの電源も切れちゃって、その都度行先を再設定しないといけないので
バッ直で常時電源でもよかったかな?
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。