ようやく着工

11月1日に解体が終了した両親の家ですが、
1ヶ月以上新地のままでした。

両親はハウジングメーカーではなく、建築士に依頼しました。
建築士が皆そういうやり方かどうかは知りませんが、
両親が依頼した建築士は各工程ごとに数社から見積もりを取り、
どの業者にするか両親と相談して決めるという方法でした。

ですが、両親の家を担当するはずの業者が新潟県中越地震の
復興作業に携わっていて、そこがなかなかはかどらず、
ようやく着工となった次第です。
来年2月に完成予定でしたが、3月末にずれ込みました。
スポンサーサイト

コメント

陽炎 #-

始まりましたね

これから着工だと大変ですね。
寒くなって雪に降られたり、
色々遅れる要因が出てきそうですね。

又、途中経過楽しみにしています。

2005年12月12日(月) 16時18分 | URL | 編集

nokio #-

そうなんですよねぇ。
何でこんな季節に建て直すのか、私も不思議です^^

2005年12月12日(月) 20時51分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。