キャブのオーバーフローその後の後

オーバーフローしたAX-1のキャブ。
先日バラして要交換パーツをチェック。
あれにこれに、ついでにこれも。せっかくだからこいつも交換・・・
などとPLを見ながらパーツ代を計算すると¥10,000オーバー。
んん~、ちょっと待てよ。
そもそもキャブ本体いくらなんだ?と調べると。

キャブ本体は「¥20.000ちょっと・・・」と意外と高くないな^^;
それならキャブ本体丸ごと交換の方がいい。
状態が良いとは言え20年前の車両だし。
ただし、キャブ本体の納品は2ヶ月待ち。
夏には新生AX-1で林道に行けると思えば、待つのは苦になりませんし、
AX-1の足付きの良さと軽さを経験すると、とてもDR-Zで林道に行く気になりません。

また、AX-1を手放して林道で感じる「非現実感」を味わえなくなるのもイヤです^^

イメージ画像は前オーナーモトマックス氏のflickrから拝借。
このショット好きなんだよね^^

スポンサーサイト

コメント

モトマックス #-

そうですね…要交換パーツが1万円を越えると新品の方が気持ち的にもスッキリしますよね、でも二ヶ月待ちってのは長いです。
その業界にいた事があるのである程度分かるのですが、二ヶ月というのは多めに言ってあると思うので早ければ一ヶ月強で来そうな気がします。
社外品もデイトナから出ていたハズですが、パワーは出るけど安定性に欠けるみたいです。
新しいキャブが来るまでは、現在のキャブをエアーやパーツクリーナーで徹底掃除して組んでみてはいかがでしょう、直るかも^^;。

2007年05月08日(火) 22時05分 | URL | 編集

nokio #-

>モトマックスさん
そうなんですよね。私も2ヶ月ってことはないと思います。
むしろストックがあったことにビックリ(笑)

今回、さらにバラしたところダイヤフラムポンプの蓋の内側にも錆と腐食があったんですね。
ここもオーバーフローの原因の1つだったと思います。

ゴム類、ホース類、バネ類、樹脂パーツ、金属パーツも経年劣化してたので総とっかえでOKでしょう。

現在のキャブは研究用(練習用)材料として手元に置いておきます^^

2007年05月08日(火) 22時40分 | URL | 編集

夜一 #-

こんばんは♪
キャブレータといえば、TZR50Rのキャブレータをばらして組みなおしたときに、負圧ピストン(でしたっけ?)を逆に組んで、エンジンかけて即全開という凄まじいことをやった記憶があります(爆
というか、どうやったら逆につくんだろうというようなものだったのですが、今思い出しても笑えますw

2007年05月09日(水) 21時32分 | URL | 編集

nokio #-

>夜一さん
すごいですね。エンジン焼きつきそう^^;
夜一さんって根っからのレーサーレプリカ好きなんですね^^

2007年05月09日(水) 21時57分 | URL | 編集

ボトル #-

いい写真ですよね~ 私も以前、画像を拝見させて貰った時からこの角度で飛行機が飛んで来るのを待ってました。
でも、違うんだよね~ 私なんかに真似できない絶妙な味があるんだよね~ 同様にnokioショットも大人な世界を感じて心打たれますよ

キャブは梅雨が、明ける頃には装着されて林道かぁ 楽しみですね!

2007年05月12日(土) 21時20分 | URL | 編集

nokio #-

6月には届きそうな予感です^^

2007年05月13日(日) 02時35分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。