まずはヤマハが

まずはヤマハが不祥事をかき消さんとばかりに発表。
新排ガス規制対応のお手本のような水冷FIのトレールとモタード。
モーターサイクルショー2007の参考出品車とアナウンスされてるけど、
市販されるのは容易に想像の付くモデルですね。

そうなると、同じタイプでも空冷キャブの現行モデル、セローやトリッカー、XTやTWはやはり・・・・
ヤマハは250ccオフ系はこの2台で行くのかな?

当初、新排ガス規制でどこのメーカーもオフ系モデルは絶滅するのでは?
と心配されていたけど、ヤマハが出してくれたのでひと安心。
密かにヤマハの国内アンダー400モデルはスクーターだけになるのではないかとも思っていた^^;

「WR250R」と「WR250X」
2007.03.jpg
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。