リアショック調節その後

本日、仕事帰りに遠回りし、リアショック調節後の試走をしてきました
無断階調節で限界まで硬くしたので今までとは全く違う印象になりました

<改善点は>
・アンダーステアの解消
・車高が上がりバンク角が向上
・フロントショックへの衝撃が車体全体に分散された

マジェからフュージョンに乗り換えたとき(まだノーマルショックの頃)マジェに比べてコーナーでモッサリ感(クイっと曲がらないというか、何と言うか・・・)があり、これがフュージョンの乗り味なのかなぁ、なんて勝手に思ってました

デイトナのローダウンショック装着後もモッサリ感は変わらず、さらにフロントの突き上げとアンダーステアになりました。
ローダウンショック取り付け時にリアのプリロードを中間に設定し、今まで乗っていましたが、今回リアのバネを1番硬く設定し、正解でした

のっぺりとした車体なのに、クイっと曲がってくれるようになりました
ただしリアが今までより滑りやすくなったので、ほんの少しバネを弱くするか、いずれ別のメーカーのタイヤにするか必要

そしてフロントのみ段差でガツンと衝撃拾っていたのが車体全体に分散されるようになりました
フロントのみガツンが車体全体がピョンに変化
これは好みが分かれそうだけど、私は車体がピョンの方が我慢できる
ローダウンしたから仕方ない

とりあえず、自分好みに近づきました^^
スポンサーサイト

コメント

junma #-

私もプリロード硬め設定です。
メーカーが違うのでなんともいえませんが弟が同じデイトナ製で低い印象なんですよ。
私のはいくら倒したつもりでもセンスタガリッとはなかなかなりません。(倒してないのか)
デイトナ制は「車高調」ぽいプリロードですよね?

2005年11月05日(土) 08時50分 | URL | 編集

nokio #-

そうですね
1.2.3・・・と段のついているタイプよりも
調節の幅が大きいかもです

ただダイヤルを締めこむたびに右のリアサスのバネが削れていきます・・・

2005年11月05日(土) 09時33分 | URL | 編集


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。