2010始動(DR-Z400SM21/18インチ化インプレ)

今シーズン初乗りしてきました。
福島までマスツーする予定だったんですが、午前中に用事ができ泣く泣くキャンセル。
1人寂しく午後から2時間ほど走ってきました。

主な目的はDR-Z400SMの21/18インチ化の試走、新品タイヤの慣らし
GWツーリングに備えて取り付けたETC(JRM-11)を実際にゲート通過させてみること。

21/18インチ化、まずは見た目こんな感じ。
SANY3785.jpg

21/18インチ化に伴い、フロント21インチ用メーターギアに交換、DR-Z400S用サイドスタンドの短縮加工
フロントホーク突き出し量変更(突き出し量25mm)を行いました。

<そして色々チェック>
・まずは最寄のICでETCのチェック→問題なくゲート通過
・次にPNDでメーター速度の誤差の有無をチェック→ほぼOK
・高速道路にて高速走行時の挙動をチェック→17インチのときは一定速度に到達すると
 フロントが少し暴れる感じがあったけど、フロントホイル径が大きくなったため!?
 ハンドルの揺れはなくなり直進安定性が増した。(これは想定外の嬉しい効果だった)
・舗装路での走行をチェック→TW301 / TW302というタイヤの性格でしょうか?
 17インチラジアルに比べても遜色のないグリップ感と安定感あり。
 というか私程度のライディングスキルではほとんど違いが分かりません^^;
・ダート走行→今まで17インチで走っていた私が馬鹿でした・・・って感じ。これは十分に体感できた

<三島林道>
SANY3784.jpg

<ETCアンテナ>
SANY3787.jpg
<インジケーター>
SANY3786.jpg
<本体はここしかない>
SANY3789.jpg

21/18インチ化、いいことばかり書いてありますが弱点もあります。
フロント突き出し量も大いに関係しますが、
コーナリング中にハンドルがあるポイントまで行くと急激に切れ込んできます。
これは速度が遅いほど顕著に現れるので、Uターンがすごく難しくなりました。
足付きも悪化してますので、そのうち皆さんの前で立ちゴケするかもしれません^^;

乗る人が乗れば「お話しにならない」って仕上がりのバイクになったかもですが
舗装路もダートも初心者な私には低いポテンシャルではありますが、
マルチに使いやすい林道を絡めたマッタリツーリングに最適なものに仕上がったと思ってます^^
スポンサーサイト
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。