只今帰りました



只今、キャンプツーリングから無事に帰ってきました。
2日間の走行距離は600kmと大したことはありませんが、
ワインディング中心のツーリングだったので非常に疲れました。
一緒に行ったボトルさんのブログに詳細があります。

<28日>
R290→R459→喜多方でラーメン(はせ川)→磐梯吾妻レイクラインフォレストパークあだたら
<29日>
磐梯吾妻スカイライン→R13→道の駅「にしあいず」で昼食→R400→R252→R290→帰宅

<大まかなルートはこんな感じです>


<フォレストパークあだたらに向う途中の林道>
注)林道を通らずにキャンプ場へ行けます
7.282.jpg

家族連れで結構混んでいたけど予約なしでも大丈夫でした。
温泉に入れて使用料が1人¥1400ほど(バイクだったので少し安め)
テントを設営してから食材の買出しをするつもりだったけど、
買いに行くのが面倒になって、こちらの売店で全て揃えました。
7.281.jpg

<磐梯吾妻スカイラインでの1コマ>
7.284.jpg

私とボトルさん、2人だけだったのでノープランの気ままなツーリングでした。
スポンサーサイト

やはり

20070729004307
やはりテント泊のできない体質なのでしょうか。
先ほどの更新の後、一時間ほど寝ましたが、現在は枕の空気を抜いたり吹きこんだり、テントでもがいております。
隣のボトルのテントからもヒュンヒュンとテントのチャックの音がするので起きている様子。

テント設置

20070728173108
本日野営するキャンプ場は福島県の「フォレスタあだたら」キレイに整備された人工的な公園にあるキャンプ場。
使用料は施設が整っているわりに安く一人1400円でした。
テント設置中に通り雨にあいましたが現在は晴れてます。こらから風呂に行ってきます。

このまま行きます

本日仕事は休みだけど、小雨が降ったり止んだりの天気。
朝から28日のキャンプツーリングの荷造りとバイクのへ積載の確認をしました。

LLとLサイズの2つネットを使ってどうにか積載し、
荷物の重みで尻下がりになった車体をリアサスのリセッティングで修正し終了。
出発は28日は早朝、明日は仕事で21時頃に帰宅なので荷物を積んだまま静かにカバーをかけました。


SANY0700.jpg

ケータイでかいよ

ケータイが壊れました。
正確に言うと昨日壊れているのに気付きました。

電源が入らないから電池切れかと思って数日過ごしていましたが、
充電しても電源が入らないので、ようやく壊れていることに気が付きました。

基本的にケータイはほとんど持ち歩きません。
ツーリングに行くときくらいかな。
壊れた原因は雨で濡れたシートバッグに入れっぱなしにしておいたから。

基本的にケータイは通話さえできればOK。
メールはボタン操作が苦手。っていうか嫌い。
i-modeとかiアプリとかよく分かりません。
ムーバとフォーマの違いも分かりませんでしたが、今日ドコモの店員さんに教えてもらいました。

どうやら今まで私の使っていたケータイはムーバのようです。
小さくて気に入ってたんですけどね。最近のケータイはどれもデカイ。
ムーバ→ムーバのケータイに機種変更すると高いんですよ。
ムーバ→フォーマだとかなり安い。

余裕で2年以上使っていたし、何とか割引がいくつもついて¥2000以下で買いました。
フォーマはどれもデカイし、どれでもええわぁってことで安くて頑丈そうなSO902iWP+ にしました。
でも、買ってからググったら評判悪いでやんの・・・まぁ、¥2000だから別にいいや。

天気予報大ハズレ

今日はいつものツーリング仲間に加え、新加入の人、
ネットでは交流はあったけど初めてお会いする人とツーリングの予定だったんですけどね。
前日の天気予報は「曇り時々雨」、降水確率は40%ってことだったので、
私はツーリングの中止をアナウンス。

しかし、本日の実際の天候は「曇り時々晴れ」。
実に良いツーリング日和。
大分前から計画していたツーリングだったんですが・・・
皆さん各々出かけた模様です。

皆さん忙しい中、随分前からスケジュールを開けてくれいるので
多少の雨なら行くべきか?とも思ったんですが。
発足当初からのスタンスを崩さずに中止にしました。
私の判断は絶好のツーリング日和を逃した結果になりすみません。

そんな私は急遽家族と遊園地に行ってきました。
7/28-29の秋田キャンプツー、本日スライドした8/5のツーリングのため、
汗だくになってアトラクションに乗りまくってまいりました。

さてさて

7/28-29は秋田県のにかほ高原キャンプ場までのキャンプツーリングです。
4月末にも秋田へツーリングに行ったので今シーズン2度目ですね。
キャンプツーリングの準備は整いました。あとは好天を祈るばかりです。

北海道へのツーリングは漠然といつかは行きたいねぇ~。
くらいにしか思っていませんでしたが、
この方のブログを読んで激しく行きたくなりました。
北海道の綺麗な画像とテンポのいい文章がその気にさせてくれます。
新潟の薮だらけの林道じゃなくて、こんな見通しのいいスカっとしたダートを走りて~。

来年は一週間休みをとって私も行くぞ~!

地震と結婚式

本日の10時13分におきた中越沖地震、私の住んでいる地域は震度5強でした。
11時から始まる友人の結婚式に出かけようとしているときで、
車で10分もかからない式場に到着すると出席者も従業員も駐車場へ非難していました。
そんな異様な雰囲気の中で結婚式はスタート。
幸い披露宴中に身体で感じる余震はありませんでした。
結婚式直線のアクシデントがありましたが、どうぞお幸せに!


帰宅後は水槽からこぼれた水で濡れてしまった書類の整理。
DSCF0819.jpg

幸い私にも家族にも被害はありませんでした。
東京から結婚式の出席者も多くいたのに新幹線も国道も高速道も不通とのこと。

新潟ライダーウェブリング

こんなものを作ってみました。

新潟県在住のライダーでブログやHPをお持ちの方は、ご自由に登録して下さい。
原付も大型もオフ車もビッグスクーターもアメリカンも、
チョイ乗りもツーリング好きも大歓迎です。

別に何をするって訳ではありませんが、
とりあえず新潟のバイク好きブロガーの輪を作ってみようかと。

<新潟ライダーウェブリングへの参加条件>
・新潟県在住のライダーでブログやウェブサイトを開設している方
・バイクの車種、排気量、年齢、性別は不問
・登録後は必ずナビゲーションバーを設置して下さい。そうしないとリングになりませんので。
 また設置方法に困った方はこちらにご連絡下さい。可能な限りサポートいたします。
・アダルト、違法な内容のサイトはNG
・一定期間ナビゲーションバーの設置がない場合は登録を抹消させていただきます。
仮登録後、サイトの内容を確認し、その後本登録させていただきます。


ウェブリングに参加してもいいよ~、という方はこちらからよろしくお願いします^^
また、ウェブリングへの登録方法やブログへの設置方法の質問もこちらでどうぞ。

・新規登録の方はこちらから
・登録情報の修正・削除はこちらから
・ログ情報はこちら
・登録サイト一覧はこちら

こちらが「新潟ウェブリングナビゲーションバー」です。
登録後、メールでこちらのタグをお知らせいたしますので、
このナビゲーションバーをサイトに設置して下さい。
ご自身のサイトに表示することでウェブ上の繋がりができます。
ブログパーツに出来るよう表示を小さくしてありますが、
サイトのレイアウトに合わせてカスタマイズも可能です。


※本登録後は必ずこのナビゲーションバーを設置して下さい。
ナビゲーションバーの設置していないサイトでリングがストップしますので宜しくお願いします。
また、設置方法はこちらにも記載してあります。





新潟ライダーウェブリング登録状況は「続きを読む」をクリックしてください。

娘の願い事

去年、年少のときの願い事はたしか、
「でっかいやまでごはんがたべたい」だったが、年中の今年はこんな願い事でした。


幼稚園で書いてもらったものだから、ちょっと周りの友達と合わせた感じの願い事だな・・・
昨日、私が聞いたときは「ゲゲゲの鬼太郎に会いたい」って言ってたし。

テント決めました

過去に何度かテント泊をしたことがありますが、
その時に使用したテントはホムセンで購入したもので、ほとんど使い捨て状態でした。
今回はバイクへの積載と今後の使用も考慮し、ホムセンテントからほんの少しステップアップ。

選んだ基準はとにかく軽量でコンパクトなもの。設営撤収が簡単なもの。
また私の場合、夏季の好天時にしか使用しないので虫と夜露と微風さえしのげればいい。
という理由で選んだテントはコレです。

収納サイズは直径18×40cm、重さは約2.3kg、
好天時限定の使用なのでフライシートのない、収納時にできるだけコンパクトになるものにしました。
テント内の広さは220×120×110cm、2人用とありますが1人+荷物程度の広さでしょうか?
その他にインフレーターマット、シュラフ、コンパクトテーブル、トレックチェアーも一緒に購入。
すべて収納時のサイズが40cm以下になるものにしました。
私の懐もさらにコンパクトになってしまたことは言うまでもありません・・・


img22642764.gif

救命講習

本日、近所の消防署で救命講習を受けてきました。
講習会は以前お世話になったことのあるツーリングチーム主催のもので
2年に1度救命講習を受けているそうです。(すばらしい!)
3時間ほどの講習でしたが実技を交えた内容の濃いものでした。

通常の心肺蘇生法の実習とAED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)
を併用した心肺蘇生法の実習が中心です。

公共施設に設置してあるイメージのAEDですが
最近はガソリンスタンドやコンビニにも設置されていることが多いそうです。
このAEDは電極パッドをセットした後、まず心電図の解析を行います。
除細動の適応でなければ充電開始されませんので、心室細動・心室頻拍の場合のみ、
機器が自動で充電し電気ショックを与えられます。
解析の結果、心停止と解れば充電はされませんので、その場合は心肺蘇生法を単独で行います。

1度、救急救命士の説明とデモを見た後、1人づつマネキンを相手に心肺蘇生法を行うのですが、
2年に1度受講しているツーリングチームのメンバーはさすがです。
意識確認→気道確保→人工呼吸→心マ→AEDのセットの一連の動きを完璧に行ってます。

ライダーに救命処置を行う場合に障害となるものはヘルメットです。
ヘルメットを被ったままでは当然何もできませんが、
首にダメージがある場合、無理に力技でヘルメット脱がせるのも問題があります。

ライダーの事故でヘルメットを脱がせるか、そのまま被せておくかの基準は
・意識があり頚部に症状を訴えているようであれば
救急車が到着するまではヘルメットはそのまま被せておく。
・意識がない、またははっきりしていない場合ヘルメットを取り、心肺蘇生の準備を行う

その際、やはり首にダメージがあることを想定し、2人でヘルメットを取ります。
1人は首と頭部を保持、もう1人はヘルメットを取ります。
このとき、2人で声を掛け合いできるだけ頭部が動かないように行います。
ヘルメットを左右に広げ、鼻が見えるまでゆっくり外します。
次に後頭側をゆっくり持ち上げるように外していきますが、
このときに声を掛け合って行わないと、ヘルメットが外れた瞬間に頭部が後屈してしまいます。

このようにライダーならではのケースの処置方法も教えていただきました。
今回の講習の機会を与えてくれたリーダーに感謝です。

追記:AEDで1度心停止と判断されても、心電図の解析は自動的に繰り返し行われます。
心肺蘇生を施している間に除細動の適応となるケースが多いらしいので、
AEDは1度セットしたらそのまま付けておくようにとのことです。


SANY0670.jpg

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。