レオビンチエクストリーム

レオビンチX3スリップオンマフラーを装着しました。
バッフルは低中速重視・低排気音のセミチャンバー仕様、
最高出力のオープン仕様の2種類のバッフルが付属しています。
現在、セミチャンバー仕様を使っていますが、排気音はかなりおとなしいです。

ノーマルキャブ、AI装着でもアフターファイヤーもほとんどありません。
時々プチプチいう程度で「パンッ!」なんて音はしませんが、
ガバっと開けて高回転から一気に全閉にすると、それなりの音がするので、
とりあえず本日はAIを撤去しました。

オープン仕様はまだ試していません。
セミチャンバー仕様では低中速のトルク感はアップしますが、高回転は純正とさほど変わりません。
かなり静かな排気音なので、出力を抑えてあるのでしょう。


SANY0323.jpg

SANY0326.jpg
スポンサーサイト

ガスケット取りに行ったら

実はすでに、以前注文したDR-Zのマフラー、レオビンチX3を装着済みだったりしますが、
詳細はまた後日こちらで紹介することにします。

とりあえず、軽いアフターが出るので2次エアシステムを殺すための準備をしている最中です。
いわゆるAIキャンセラーを購入したんですが、ガスケットが付属していないので純正ガスケットを注文。
大騒ぎするほどの音でもないのですが、いずれキャブを交換するときに邪魔になるので。

その部品が届いたとの連絡があったので、仕事帰りににRBへ。


あれ?どこかで聞いたことのあるトランザルプが寂しそうに置いてあるけど。
2007.03.1602.jpg

林道試走

AX-1で三島林道に行ってきました。
雪はさほどありませんでしたが、雪解け水でマディな状態。
とてもDR-Zでは走れないコンディションでしたが、AX-1はスイスイ。
その後、砂浜も走りましたがこちらも無問題。

今まで躊躇していたような場所も、AX-1が連れて行ってくれるでしょう^^


DSCF0495a.jpg

DSCF0498a.jpg

まずはヤマハが

まずはヤマハが不祥事をかき消さんとばかりに発表。
新排ガス規制対応のお手本のような水冷FIのトレールとモタード。
モーターサイクルショー2007の参考出品車とアナウンスされてるけど、
市販されるのは容易に想像の付くモデルですね。

そうなると、同じタイプでも空冷キャブの現行モデル、セローやトリッカー、XTやTWはやはり・・・・
ヤマハは250ccオフ系はこの2台で行くのかな?

当初、新排ガス規制でどこのメーカーもオフ系モデルは絶滅するのでは?
と心配されていたけど、ヤマハが出してくれたのでひと安心。
密かにヤマハの国内アンダー400モデルはスクーターだけになるのではないかとも思っていた^^;

「WR250R」と「WR250X」
2007.03.jpg

2号機届く!

秋田のモトマックスさんから譲っていただいた、2号機AX-1が届きました。

里親であるモトマックスさんが直接、新潟の私のところまで運んできてくれました。
また、仕事だった私に代わり、ボトルさんが私の家までの道案内をしてくれて、
お2人には大変お世話になりました。

事前に画像やメンテ状況を聞いていたので、予想はしてましたが、
20年前の車両とは思えないくらいに外観ピカピカです。
走行距離は9000km、消耗パーツはもちろん、経年劣化したパーツ、
また、劣化の疑わしいパーツ、保安パーツは全てOH&新品に取り替えられ、
ホイルの塗装や、車体全バラし後の磨き&グリスアップを行っています。
さらに、AX-1のアキレス腱と言われるFフォークサスペンションのバネ強化、
リアサスのレートアップを施してあります。

ぶっちゃけ、どんなに良心的なバイク屋でも通常の中古車に、ここまではやりません。
(もちろん、それなりの金額を支払って、頼めばやってはくれますが)

走行距離の少ないエンジン以外をレストアし、足回りを強化したAX-1に
先日取得したナンバーを取り付け、ミラーを調整し出発です。

車体は250ccなのでDR-Zよりも軽量でコンパクト。
クラッチも軽く、エンジンも元気に回ります。
温まったところで高回転まで引っ張ってみると、レッドに入っても
まだ回ろうとするエンジンに少しビックリ^^
レブリミッターが付いていないそうなので、気をつけた方が良さそう。

エンジンの出力の出方が1号機のDR-Zにそっくりなので、
体がAX-1をすんなりと受け入れた感じです。
通勤、林道ツーリングの使い勝手はDR-Zより、圧倒的にAX-1が有利。
これはかなり出番が増えそう。

完璧な整備で秋田から運んできてくれたモトマックス氏、
連休を我々のために費やしてくれたボトル氏、
忙しい中、宴会と見送りに来てくれたぱし氏に感謝!



DSCF0490.jpg

ヨシムラセットを止めた理由

以前、給排気ヨシムラに決定!と書きましたが、訂正します^^;
気になる情報があったので、マフラーはおとなしめのレオビンチにしました。

気になる情報とは、スズキの海外エンデューロレーサーDR-Z400Eが国内販売されるようで。(公道走行不可)
このモデルは標準でFCRが装着されているので、国内純正価格でFCRと付属パーツが手に入るようになるからです。
まぁ、当分先の話ですが^^;

画像は2004 DR-Z400E
DR-Z400E

また無駄遣いをしてしまった・・・

6ヶ月点検でリフレクターを取り付けていないことを指摘されたので、
昼休みにバイク屋へ買出しに。
最近は宅急便でパーツが届くと嫁がうるさいので、店に買いに行きます。

バイク屋にモタード仕様のWR250Fが置いてありました。
やっぱカッコいいなぁ。
ちょっとエンジンかけます?
お願いします。
『ブゥ、ウウウウウ。ブボゥ、ブバゥゥゥゥ!』
ほー!、カッコイイ!!

同じシングルでも、いわゆるストリート系シングルの排気音とは全然違う!
煩い部類ではないけど、噛みついてきそうな迫力!
さすがはエンデューロレーサー。
nokioさんのDR-Zだって負けないくらいカッコいい音になりますよ。
音だけではなく、吹け上がりも。

マジですか。そうですか、あぁ~そうですか^^
では、よろしくです。
と、いうことでレオビンチのエクストリームのスリップオンを注文^^;



6ヶ月点検

昨年の8/26に納車した我DR-Z、本日は6ヶ月点検に出してきました。
すでにプラグ交換とエアクリ清掃、バッテリーの充電を行っていたので、
各部の点検とチェーンの清掃&注油&調整、オイル&フィルターの交換と洗車くらいです。
そろそろリアタイヤを替えたほうがいいと言われた。
そういや最近、スリップサインが目立つようになってきたし。

店にキレイな黒/灰のCBR250Rが置いてあった。
走行距離13000kmで19万円だったので、ちょっと欲しかった^^;

現在の走行距離4692km。今シーズンはどのくらい走るのかな?
2号機が加わるから距離は分散されるか。

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。