事情により

2/26の2級検定を延期することにしました。
スポンサーサイト

S.A.J 2級検定日決定

3月の1級チャレンジに向け、2/26にNASPAスキーリゾートで2級検定を受けることにしました。
2/26はNASPAと岩原で検定があるんですが、スキーヤーズオンリーのNASPAの方が滑りやすいかな?と。天候も良くなさそうだし。
でも、どちらのスキー場も遠いんだよなぁ。

S.A.J スキー検定2級は以下の4項目で判定するみたい。
・大回り
・中回り
・小回り
・フリー
で、1項目最大値100ポイント×4項目で検定員3名の平均値が260ポイント以上で合格だそうです。
260/400以上かぁ・・・、イケるんじゃないか?(笑)

評価の基準となる条件は
「状況に対応してテールコントロール、トップ&テールコントロール、トップコントロールを選択して滑る」
ことらしい。
テールコントロールとトップ&テールコントロールは今までの私の滑り方なので心配はないが、問題はトップコントロールだ。
これが先日の記事で書いたカービングにあたる。
まだカービングは不十分っていうか、ほとんど出来てないので今回はやらないつもり。
私の場合、カービングターンを意識すると谷足のトップが開き気味になってしまう傾向があり失速する原因となるし。

今までの自分の滑りでどのような採点が下るのか、まずは腕試し。
合否はもちろん、採点表をもらえれば採点結果の詳細もUPします!
疲れて次の日になるかもですが(笑)

基礎スキーはつらいよ

来月1級にチャレンジするし、何より2シーズンぶりなので,
現在の自分の状態もよく分からないまま滑って
イメージと体力のギャップで怪我をする可能性もあるので、今日は検定前講習に参加。
小学生の頃に何度かスクールに参加していたので割と気軽に。

しかし、来月の1級チャレンジにいきなり赤信号。
理由はまず2級を取得しないとダメだと・・・(昨日の宣言が恥ずかしい^^;)
で、軽く滑りを見てもらいレベル別に振り分けられた。
私のクラスは私の他に30代後半の男性と女性とインストラクターで動くことになった。
インストラクターも「どうも、○○さん。カービングスキーに変えましたね」とか言って、
2人とも常連の様子。
その男性が開口一番に「カービングスキーは履かないんですか?」と。
見るとインストラクターも受講者も全員カービングスキー、モーグル用は私だけ。

「ええ、まぁ、そのうちに。」なんて答えたが、内心はこんなしゃもじみたいなスキーはちょっと・・・
っていうか、こんな先太りの板ではコブに突っ込めないだろと。

そしてレッスン開始、もちろん滑りはカービング技術が中心。
今日初めてカービングターンを教わり実践してみたが・・・できねぇ!
私の滑り方はテールスライドと呼ばれるもので、
基礎スキーにとってはすでに過去のテクニックらしい。
しかし、体に染み込んでいるこの滑り方は半日程度じゃ直らない。

まず、このカービングターンをものにしないことには2級も危ういらしい。
土踏まずあたりにプレッシャーをかけてターンする私の滑りに対し、
カービングターンはスキーの先端でコントロールし、板はスライドさせない。
インストラクターの滑りを見ると、見事な2本の線を描いている。
板はスライドさせている様子ない。
なるほど、板の先端をガイドにターンするからしゃもじみたいな形なんだ。

何度も何度も平らな緩斜面で練習する。
こんな私でも何ターンかはスライドさせずにターンできた。
しかし、このカービングターンが出来たときは緩斜面にも関わらずかなりも速度がでる。

リフトでインストラクターと乗り合わせたので色々聞いてみた。
私、「カービングターンって難しいですね、私にはできないかも」
イ、「私もマスターするのに3年かかりました、一日ではとても無理です」
私、「たまたまカービングターンになったとき、緩斜面にも関わらず、かなり速度がでるが」
イ、「そうです、ターンでの力のロスを極限に抑えた滑りなので」
私、「緩斜面ならそれでいいかもしれないが、狭い急斜面やコブ斜面はどうするのか?」
イ、「従来のテールスライドです」
っておい!
さっきまで散々私の滑りは古いとか、
今までのターンは忘れろとか言ってたではないか!

このカービングターンってのは広くて人気のない海外のゲレンデにはいいかもしれないが、狭くゴミゴミした日本のスキー場にはむかないと思った。
でも、これが今SAJが一押しの滑り方だから出来ないものは検定に合格しないって。
まぁ、何十年も同じ滑り方で同じような板ならスキー業界全体が低迷するから仕方ないのかな?

久しぶりに基礎スキーにふれ、本日の教訓は
「フリースタイルは結果がすべて」
「基礎スキーは形がすべて」
おそまつ!
検定講習前

ある意味ビンテージですが・・・

明日(といっても今日か)急遽スキーに行くことにしました。
2シーズンぶりなので丸一日ではなく、午後券で滑ろうと思うので朝はゆったりめ。

物置からほとんどビンテージ化した板とブーツを引っ張り出し、
エッジの錆や汚れを落としていたらこんな時間に。

スキーのメンテ用品は劣化しドロドロになっていたので、
手元にあったフュージョン用のワックスで磨いたらピカピカになりました。
ワックスは朝一でスポーツ店に行って買ってこようっと、スキー場で買うと高いので。

ちょっとここで宣言!?
3月中旬くらいにSAJ公認のバッジテスト1級にチャレンジします^^
(宣言は合格するということでなく、あくまでチャレンジということで)
年齢的にフリースタイルはキツくなってきたので、基礎スキーヤーを目指します。
アソートスペリオールV9
FXモーグルライト

HONDA Vyzvy

フュージョンのトランクに2個入る、大型車対応ヘルメットのビズビー
フュージョンのカタログでモデルさんがかぶってるヤツね。
定価16.695円(税込み)なんだけど、10.500円(税込み)で売ってるんだね→こちら

この色は私のフュージョンと同色のパールモデラートベージュビズビー
でも、何でハーフタイプなのに全排気量対応なんだろうか?

バレンタインデー止めませんか

カミさんと妹から義理で貰っても嬉しくないし・・・
んっ!カミさんも義理か?!

バレンタインデーっていい思い出ないんです。
中高生の頃はもらう当てもないのにドキドキしたり、用も無いのに放課後遅くまで残っていたりして。
でも結局もらえなかったりして。

また、落ち込んで家に帰ると母親が「いくつもらったの?」とか聞いてくるから余計に腹が立つ。

35年間、思いがけない女性から「これ、どうぞ」なんて言われて、もらったことのない私から提案。

"現在のような風習のバレンタインデーは廃止。"
どうせお菓子業界が作ったものだし。

「2/14はご先祖様に甘いものをお供えする日」としよう。

・私のようなモテない君も傷つかずに済む
・女性も義理チョコの用意をする必要はなくなる
・チョコレートに限定されないので和菓子業界もチャンス
・半年後にお盆ということで、私のように年に1度しか仏壇に手を合わさない人も、半年に1度お参りするようになる

と、今日は妙な提案とモテない自慢して終了・・・

モーグル今昔

風邪で体調を崩し、更新が滞っていました。

女子モーグル、日本期待の選手が5位に終わりましたね。
まぁ、それはいいんですが。

最近のレースは私がよく観ていた頃のものと全く別物になってます。
昨日のレースを観て感じたことは、各国または各選手の滑りの違いがよく分かんないこと。
言い換えれば当時より選手の技術が向上し、画一的な滑りになったってこと?

昔は(私の言う昔は10年くらい前)モーグル選手っていえば、
アルペンや同じフリースタイルのエアリアルから転向してきた人が多かった。
特にアルペンはある程度の体格と体重がないと上位にいけないから。

なので、アルペンあがりで滑りの上手い人、エアリアルあがりのエアーの上手い人と様々。
また、当時の強国といえばカナダとフランスで、この2国の滑り方が全く違う。
雪温が低く硬いコブ斜面の多いカナダの選手はコブをなめるように滑り、膝が顔面にぶつかるくらい衝撃を吸収する滑り。
一方、雪温が高くシャーベット状の柔らかいコブ斜面を滑るフランスの選手はコブの頂点を踏みつけるような豪快な滑りだった。

現在と違い、均一な大きさと間隔の人工コブはほとんどなく、大きさも間隔も不均一な自然コブの斜面にエア台を設置したようなコースでレースすることが多いので、エアの着地点も今のようにフラットではなく自然コブだった。当然転倒者やコースアウトも多いので観ていてハラハラする。

当時は縦回転のエアーは禁止だったけど、イベントレースなんかではやってる人も多く、最近になってやり始めたわけではない。
ただ、当時は同じフリースタイルのエアリアルとの差別化をするために禁止されていただけ。

無線LAN設定ができねぇぇぇ、、、だ

先日買ったノートは802.11b/g対応無線LANを内蔵しているので、
実家(建築中のため現在は仕事場にある)のweb caster V110に
Web Caster FT-STC-Va/gを追加すればワイヤレス化は可能。

本日は先週オクで落としたFT-STC-Va/gを持って設定に。
ルータ側(web caster V110)の設定とノート側の設定を行う訳ですが、
web caster V110の設定はイライラします。
設定を変更をWeb上で行うので設定の変更が認識されるまで2~3分かかります。

10回以上設定の変更をしたので待ち時間だけで30分以上を費やしました。
が、苦労の末行った無線LANの状態は。
「暗号化などのセキュリティーを有効にすると接続できず、セキュリティーを無効にすると接続できる」

タイプミス、設定ミスを2時間以上チェックしましたが、原因は分かりません。
ついでに買ったばかりのノートも内臓無線LANが有効な場合、
十中八九エラーメッセージが表示され起動しないという不具合も発見。

さらに他社の同類品は3000円程なのに、倍以上のN○T価格のFT-STC-Va/gの代替品があることも先ほど発見・・・

帰りに長ーいLANケーブルを買って帰ったことは言うまでもありません。

お師匠さん

いや~、酔っ払いました。
今日は私の2人のお師匠さんと同期の友人と飲みました。

私が2人のお師匠さんとであったのは平成10年。
地元に帰ってきて縁も縁もない国立大某施設に研修の身として就職したときに。
他大出身の私に対しても2人のお師匠さんはよくしてくれました。

1人のお師匠さんは私が研修中の2年間にノウハウを叩き込んでいただき、
もう1人のお師匠さんは研修終了後2年間同様にお世話になりました。
今でも事あるたびに誘っていただきありがたいです。

そして現在のん気にブログを書いていられるのも2人のお師匠さんのおかげです。
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。